企画

【元高校球児からのエール】野々垣武志さん(PL学園OB)

2018.7.6

元高校球児が語る高校野球の思い出、そして現役球児たちへのエール。今日はPL学園からプロ入りし、西武、広島、ダイエーで活躍した野々垣武志さんからエールをいただきました。



野々垣武志さん(PL学園OB /元西武・広島・ダイエー)


泥臭くやることも大事

中学時代に誘われてPL学園に入ったのですが、当時はとにかく桑田(真澄・元巨人)さん、清原(和博・元西武など)さん達が活躍されていて、「強くて華やかな野球部」というイメージしか持っていませんでしたから、入学後の寮生活が大変でしたね。こんなに厳しいのかと(笑)。宮本慎也(元ヤクルト)さんもテレビで言っていましたが、本当に目覚まし時計の鳴る前の「カチッ」ていう音で起きますから。そのおかげで今でも朝起きることについては苦労していません(笑)。

今の自分が当時の自分にアドバイスするなら「中学時代から礼儀とか生活面とかもしっかりやっておいた方がいいぞ」ということですね。そうすれば、寮に入ってから苦労することもなかったと思います。

とにかく寮生活は厳しかったですけど、野球に関してはやっぱり恵まれた環境だったと思います。自分はショートだったんですけど、二つ上が立浪(和義・元中日)さん、一つ上が宮本さんですから。そんなレベルの選手と一緒にプレーできたことは大きいと思いますね。野球の面での衝撃は特に立浪さんです。試合でアウトになっているイメージがないですし、守備も練習で一度もエラーしたところを見たことがないんですよ。ちょっとボールをこぼすというようなこともなかった。これは衝撃でしたね。PLのショートはこうでなくてはいけないのかと思いました。

今の高校生に伝えたいこととしては、「泥臭くやることも大事だよ」ということですね。今は昔と比べて科学的に進歩して練習も効率良くやるのがいいという風潮だと思います。たとえ遠回りだったとしても、一生懸命やったことは後で無駄になることありません。そう思って取り組んでもらいたいですね。(取材:西尾典文、撮影:編集部)


「元球児からのエール」関連記事

PICK UP!

新着情報