企画

【頑張れ近畿!】21世紀 近畿の甲子園ベストナイン&最強高校!

2018.8.3

現在最強チームと呼ばれる大阪桐蔭(大阪)を擁する近畿。他にも履正社(大阪)、龍谷大平安(京都)、智弁和歌山(和歌山)、報徳学園(兵庫)、智弁学園、天理(奈良)など全国レベルの強豪がひしめいている。そんな近畿地区の21世紀ベストナイン、最強チームを選出した。



近畿地方の21世紀甲子園ベストナイン




■投手:
藤浪晋太郎
(阪神/大阪桐蔭・大阪・2012年)

■捕手:
森友哉(埼玉西武/大阪桐蔭・大阪・2012年・2013年)

■一塁手:
坂口真規
(巨人/智弁和歌山・和歌山・2007年・2008年)

■二塁手:
峯本匠(立教大/大阪桐蔭・大阪・2013年・2014年)

■三塁手:
香月一也(千葉ロッテ/大阪桐蔭・大阪・2013年・2014年)

■遊撃手:
浅村栄斗(埼玉西武/大阪桐蔭・大阪・2008年)

■外野手:
高橋大樹(広島/龍谷大平安・京都・2011年・2012年)

■外野手:
平田良介
(中日/大阪桐蔭・大阪・2005年)

■外野手:
中田翔
(北海道日本ハム/大阪桐蔭・大阪・2005年・2006年)

21世紀に入り3度の夏優勝を果たしている大阪桐蔭から7人が選出となった。2012年に春夏連覇を達成した藤浪、森のバッテリーは文句なし。優勝には届かなかったもののホームランを量産した平田、中田、浅村のスラッガー三人も迷うことなく選んだ。大阪桐蔭以外から選んだ坂口、高橋の二人も右の強打者として知られた選手。現役大学生の峯本以外は全員がプロ入りし、またレギュラークラスも多くさすがの顔ぶれと言える。

近畿地方の21世紀最強チーム

大阪桐蔭(大阪・2012年)

やはり春夏連覇を達成した2012年の大阪桐蔭が頭一つ抜けている印象だ。藤浪だけでなく澤田圭佑(現オリックス)も安定感があり、5試合で失点はわずかに5。打線も二桁得点こそなかったものの、上位から下位まで切れ目がなく、一度もリードを許すことなく優勝して見せた。高校野球史上においても1、2を争うチームであることは間違いない。

21世紀の近畿地方の戦績(勝率順)

・通算:122勝101敗(勝率.547)
・大阪:33勝15敗(勝率.688)最高成績:優勝・大阪桐蔭(2008年・2012年・2014年)
・奈良:22勝17敗(勝率.564)最高成績:ベスト4・天理(2017年)
・和歌山:20勝17敗(勝率.541)最高成績:準優勝・智辯和歌山(2002年)
・京都:17勝17敗(勝率.500)最高成績:準優勝・京都外大西(2005年)
・兵庫:18勝18敗(勝率.500)最高成績:ベスト4・報徳学園(2010年)
・滋賀:12勝17敗(勝率.414)最高成績:準優勝・近江(2001年)

まとめ

強豪が多い近畿だが、意外なことに夏に優勝を果たしているのは大阪桐蔭だけ。あと一歩のところで頂点に届かないケースも多い。それだけ地方大会を勝ち抜くことが大変という面もあるが、そろそろ新しい王者誕生が見たいという声も多く、大阪桐蔭を打ち破るチームの出現にも期待したい。頑張れ、近畿の球児!
(記事・データ:西尾典文)

21世紀の甲子園ベストナイン&最強高校!」関連記事

PICK UP!

新着情報