選手

【キャプテンに聞きました】松山智乃助(東筑)「野球も勉強も時間が足りない」

2017.12.15
写真:福岡屈指の文武両道校、東筑高校野球部を引っ張る松山智乃助キャプテン
松山智乃助(まつやま・とものすけ/2年・内野手・主将・背番号10)

秋の大会では、ベンチから助言しチームを盛りあげたキャプテンの松山智乃助選手。内野手のスーパーサブとして試合途中からの出場が多かったが、冷静な判断力でチームをまとめあげた。チームの課題は、夏の甲子園で学んだ「スイングのレベルアップ」。野球で勉強がおろそかにならないよう、通学時間に暗記の復習をしている努力家の一人だ。


野球も勉強も時間が足りない

Q1:ポジションを教えてください

ショートとサードです。2年春はセカンドをやっていました。

Q2:野球を始めたきっかけは?

父がソフトボールの選手で試合を見に行ったのがきっかけです。小学1年生の3学期から始めました。

Q3:当時の憧れの選手は?

福岡ソフトバンクホークスの川﨑宗則選手です。はつらつとしたプレーに憧れていました。

Q4:この高校を選んだ理由は?

公立高校で、文武両道。それでいて、甲子園を狙える高校だからです。

Q5:普段の練習時間は何時から何時まで?

6限の日が16時、7限の日が17時から。終わるのは19時半で、20時が完全下校です。補習があるので、朝練はありません。

Q6:休みはありますか?

練習は毎日あり、年末年始に数日間休みがあると思います。

Q7:今まで野球をやめたいと思ったことはある?

小6の時にケガをしたことはありましたが、野球をやめたいと思ったことはないです。

Q8:今までで一番きつかった練習は?

(しばらく考えて)校内での坂ダッシュですかね・・・・?

Q9:これまで対戦した選手で「すごい!」と思った選手がいれば教えてください

小倉の河浦圭佑君(投手・2年)です。真っ直ぐが速くて、変化球もキレがあって、いいピッチャーだからです。

Q10:ライバル校をあげるとすると?

(しばらく考えて)九州の中だと、優勝した創成館(長崎)ですね。

Q11:憧れ、目標とする選手は?

選手は特に誰と言うのはいません。自分のレベルを上げることに集中したいです。

Q12:テンションを上げたいときに聞く「この1曲」は?

親の影響で「Mr.Children」が好きです。あとは「back number」も聴きます。

Q13:スマホでよく使うアプリは?

LINE、ツイッター、Yahoo!天気です。

Q14:夏の甲子園に出場した感想は?

スタンドで応援していましたが、他の球場とは全然違っていました。同じ大きさなのに、広く感じました。ファウル1球でも、観客の声援が物凄く大きかったです。

Q15:甲子園で一番印象に残っていることは?

地元に残って練習している時よりも、練習時間が短くて、調整が難しかったです。

Q16:甲子園から帰ってきてからのまわりの反応は?

想像以上でした!中学校の関係者や、親の周りの人から「テレビに映ったよ」って言われました。

Q17:希望の進路と将来の目標は?

進学希望です。夢は教師になって、野球を教えたいです。

Q18:願い事がひとつだけ叶うとしたら何をお願いする?

時間が欲しいです(即答)。野球も勉強も時間が足りないです。みんなそう思ってると思いますよ。睡眠時間は、いまは5、6時間です。

Q19:監督さんってどんなひと?

あまり多くは言わないんですが、野球の細かい所をよく見ている方です。今まで勝ってきた経験が多いので、僕たちは言われたことを生かして上手くなっていきたいです。

Q20:お父さんまたはお母さんに何か一言!

(お母さんに)仕事をしているのに毎日、量の多い弁当を作ってくれて感謝しています。野球ができているのは、親のサポートのお陰です。

東筑高校

1898年(明治31)創立、1900年(明33)創部。文武両道、質実剛健が校是。部員数2年=25人、1年=18人。女子マネージャー=5人。山本哲也部長(52)、青野浩彦監督(57)。甲子園出場は春2回、夏6回。全日制普通科(共学)。スーパーサイエンスハイスクール(SSH)の指定校。主なOB=仰木彬(元オリックス監督)、高倉健(俳優)、福山龍太郎(元ダイエー)、大村孟(ヤクルト育成)ほか。所在地=北九州市八幡西区東筑1-1-1

青野浩彦(あおの・ひろひこ)

1960年(昭35)6月29日生まれ。福岡県北九州市出身。東筑―筑波大。高3夏に主将、捕手として甲子園出場。大学卒業後、保健体育教諭として北九州監督に就任。94年4月に母校で副部長、監督として16年指導。96年夏、98年センバツ出場。鞍手を経て16年から再び東筑の監督に就任した。

「キャプテンに聞きました!」関連記事

「福岡」関連記事