企画

【イケてるブラバンなう!!】城東高校|勝利に導く“魔曲”がある!?都立の星を支えるブラバン

2018.5.28

グラウンドで闘う球児の背中を押すブラバン!今回は都立の中でも有名な強豪校にお邪魔しちゃった。アルプススタンドで闘うブラスバンド部を紹介しちゃうよ。


勝利に導く“魔曲”がある!?都立の星を支えるブラバン

今回ウサダーが訪れたのは、“都立の星”として有名な都立城東高校! 新入部員が加入前のこの時期は、部員が13名(3年生8名・2年生5名)と少人数。それを感じさせない力強い演奏を披露してくれたよ。部員のみんなも野球応援が楽しくて大好きなので、予選から積極的に足を運んでいるんだって! ブラスバンド部の演奏を聴きたくて試合を観に行くファンも結構いるみたい。

パートに分かれての練習でスキルを磨く

3年生の森あすかさんは「選手のプレーしている姿やいい笑顔を見るのが好き」と応援のやりがいも教えてくれたよ。部員1人1人が「勝つぞ」という気持ちで演奏していて、応援でも闘っているという意識がすごく感じられたよ。

(左上)今は1人だけど、新入生には男子部員も!(左下)日々の練習の様子がつたわる書き込みたっぷりな楽譜(右)顧問の佐藤東先生は音楽の先生ではない。「逆に生徒から教えてもらってます」と先生と生徒の仲の良さも伝わってくる

城東高校といえばシートノックの『スカイハイ』や『君に届け』が有名なんだけど、チャンステーマの『不死鳥の如く』は“魔曲”と呼ばれているんだって!演奏すると一気に点が入ったり、負けていた試合も逆転したりする力があって、ここぞというときに演奏する大事な曲なんだ。他にも演奏曲のレパートリーは豊富で、実際の試合では、ブラスバンド部の演奏に合わせて、野球部のみんなが踊りながら応援したりもするんだ。ウサダーもその様子を想像して、一緒に応援してみたいなぁって思っちゃった。

取材後、7人の新入部員を迎えてますますパワフルになる城東高校・ブラスバンド部。これから始まる夏の大会で球場に足を運んだ際には、ぜひ演奏にも耳を傾けて欲しいな!
インタビューに答えてくれたのは、左から森あすかさん(3年)、五木田悠衣さん(2年・部長)、庄子陽野さん(2年・副部長)


城東高校ブラスバンド部の演奏!



【演奏曲】「必殺仕事人」、「暴れん坊将軍」、「あまちゃん」、「前略、道の上より」、「不死鳥の如」、「ヒット」

取材にご協力いただいた城東高校吹奏楽部の皆さん


「ブラバンなう!!」関連記事

PICK UP!

新着情報