企画

ドラフト直前!「Timely!web」が注目する高校生たち

2018.10.25

いよいよ本日17時に迫ったプロ野球ドラフト会議。本日のテレビ中継(スカイA /CS)で解説を務める、おなじみのスポーツライター西尾典文さんに「Timely!WEB」でこれまで紹介してきた選手たちを中心に、指名がありそうな注目の高校生たちを改めて紹介していただきました。


まず高校生の中で1位指名が確実視されているのが根尾昂(大阪桐蔭・遊撃手兼投手)、藤原恭大(大阪桐蔭・外野手)、小園海斗(報徳学園・遊撃手)、吉田輝星(金足農・投手)、渡邉勇太朗(浦和学院・投手)の5人だ。今年は例年以上に事前に1位指名を公表する球団が多いが前日の24日時点でそれはすべて高校生。中日、ヤクルト、巨人が根尾、ロッテが藤原、ソフトバンクとオリックスが小園の1位を公表している。昨年も清宮、中村奨成(広陵→広島)が抽選となり、外れ1位で安田尚憲(履正社→ロッテ)、村上宗隆(九州学院→ヤクルト)が指名されているが、これだけ高校生の野手の1位指名が続くのも珍しい。


まず一番人気になりそうな根尾だが、評価されている理由はその将来性の高さにある。中学時代は最速146キロをマークして注目を集め、下級生の頃は外野手、新チームになってからは主にショートとあらゆるポジションでプレーしてきた。その分一つに特化しての完成度はまだまだに見える部分もあるが、それでも全てをこなしてしまう能力の高さに底知れない可能性を感じているスカウトも多いはずだ。

昨年の秋まではフルスイングの迫力はあるものの豪快な空振りが多かったが、今年になって一気にミートする力も高くなった。決して体は大きいわけではないが、飛ばす力も本物だ。投手としても練習量が少ないにもかかわらず最速150キロをマークしているが、既定路線はショートでの起用。同じく投手から転向した松井稼頭央(西武)にイメージが重なる。



藤原と小園は高校生だが高い完成度と運動能力を誇り、2年目からレギュラーを狙える可能性もある。藤原は抜群のスピードに加えて長打力も年々アップしており、今年の夏の甲子園でも3本塁打を放って見せた。守備、走塁は既にプロでも通用するレベルにあり、プロの変化球に対応できれば1年目からも一軍で起用されることも十分に考えられる。小園もU18のアジア選手権ではエラーが目立ったものの、守備面の意識が高く目立った弱点が見当たらない。強靭な下半身とリストを生かしたバッティングも超高校級で、長く二遊間でレギュラーを任せられる素材である。


一方の吉田、渡邉は今のところ1位を公表する球団は出てきていないが、将来性の高さは間違いなく本物。吉田の最大の武器は空振りをとれるストレート。最速152キロというスピード以上に手元での勢いが目立ち、ここ一番でギアを上げられる。コントロールと変化球も高校生では高いレベルにあり、牽制、クイック、フィールディングなど投げる以外のプレーも素晴らしい。1年目でしっかり体力をつければ2年目からローテーション入りできる可能性が高い。



渡邉は春までは故障で出遅れていたが、夏に一気に飛躍した。190㎝の大型でもバランスが良く、フォームの雰囲気は大谷翔平(エンゼルス)に重なる。まだ調子の波があり完成度は高くないものの、スケールの大きさは魅力である。
 
それ以外の主な候補を挙げると投手は米倉貫太(埼玉栄)、古谷拓郎(習志野)、勝又温史(日大鶴ヶ丘)、矢澤宏太(藤嶺藤沢)、垣越建伸(山梨学院)、直江大輔(松商学園)、田中法彦(菰野)、柿木蓮(大阪桐蔭)、引地秀一郎(倉敷商)、市川悠太(明徳義塾)、戸郷翔征(聖心ウルスラ)などが有力候補。



スピードでは勝又、田中、柿木、引地が既に150キロを超えておりリードしている。フォームの完成度では米倉、直江などが目立つ存在だ。特に米倉は2年秋の時点では世代ナンバーワンになると見られていた大器で、ダルビッシュ有(カブス)など多くのプロ選手を指導した若生正廣監督もその素質には太鼓判を押している。将来のエース候補が欲しい球団は上位で狙ってくることも考えられる。

あまり報道されていない選手では西舘洸希(盛岡三)、羽田野温生(汎愛)の二人の大型右腕が面白い。しっかり鍛えてプロのレベルに慣れれば驚くような成長を遂げる可能性も十分にあるだろう。

 
続いて野手。捕手はどのカテゴリーも人材が少ないが、高校生では石橋康太関東一・捕手)、田宮裕涼(成田)、益子京右(青藍泰斗)の名前が挙がる。中でも石橋は打てる捕手の素材として貴重で、将来の正捕手が欲しい球団にはおすすめの人材だ。


内野手では増田陸(明秀日立)、太田椋(天理)、小幡竜平(延岡学園)、宜保翔(未来沖縄)などショートの人材が豊富。増田は積極的なバッティング、太田は堅実な守備、小幡は攻守のバランスの良さ、宜保は高い運動能力と将来性に特長がある。打てるサードとしては野村佑希(花咲徳栄)と野村大樹(早稲田実)の二人の野村が筆頭。ともに長打力は高校生離れしており、高い注目度の中でも結果を残せるメンタルの強さも魅力だ。



外野手の候補では山口航輝(明桜)、山下航汰(健大高崎)、浜田太貴(明豊)などの名前が挙がる。三人とも力強いバッティングに特長があり上手く育てばプロでも中軸になれる可能性を秘めている。プロでは守備面でどこまでレベルアップできるかがポイントになりそうだ。

 
左投手、捕手、外野手は少し候補が少ないものの、全体的に見れば豊作というイメージが強い。昨年は吉住晴斗(鶴岡東→ソフトバンク)の1位というサプライズがあったが、今年もアッと驚くような指名も十分に考えられる。ここで挙げた選手や過去に「Timely!WEB」で特集した選手たちを見ながらぜひドラフト会議を楽しんでもらいたい。

PICK UP!

新着情報