ギア

軟式野球用バット「ビヨンドマックスメガキングアドバンスⅡ」発売/過去最大のスイートエリアに、さらに凸加工

2016.10.13

ミズノは、中学生から一般の軟式野球プレーヤーの「もっとヒットを打ちたい、遠くにボールを 飛ばしたい」というマインドに更に応えるため、「ビヨンドマックス」シリーズの最新モデル「ビヨンドマックスメガキングアドバンスⅡ」を11月10 日(木)から、全国のミズノ野球品取扱店 で販売します。

「ビヨンドマックスメガキングアドバンスⅡ」は、従来のビヨンドマックスシリーズ※1 と比べ打球 部の高反発素材のエリアを約 10cm 拡大し、バットの先端部や手元部付近でボールを打った場合にも、高い飛距離性能を追求しています。さらに、打球部の表面に凸部を設けた『バンプ構造』を採用することで、打球時にボールがズレにくくなることから、ロスなくエネルギーを伝えることができます。

2002年に販売を開始した「ビヨンドマックス」は、業界で初めて打球部にウレタン系の柔らかい素材を装着し、軟式ボールの変形を抑えることで、飛距離が伸びる構造の軟式野球バットです。

※1 2014年10月発売の「ビヨンドマックスメガキング」のこと


軟式野球用バット「ビヨンドマックスメガキングアドバンスⅡ」¥42,000+税

「ビヨンドマックスメガキングアドバンスⅡ」の特長

【1】エネルギーをロスなく伝える『バンプ構造』 打球部の表面に凸部を設けた『バンプ構造』を採用することにより、打球時にボールがズレにくくな ることから、ロスなくエネルギーを伝えることができます。


表面に凸部を設けた『バンプ構造』

特に雨天時など、打球部が濡れた状態では、従来の「ビヨンドマックスメガキングアドバンス」に比 べ、飛距離が約 3%落ちにくくなります。


【2】高反発素材エリアを拡大し、更なる飛距離アップを追求 打球部の高反発素材エリアを従来のビヨンドマックスシリーズと比べ約 10cm 拡大しています。さらに 拡大した高反発素材の厚みを一定に保ち反発性能を高めることで、バットの先端部付近では 4.4%、 手元部付近では 4.1%の飛距離アップ※2 を可能にしています。

※2 2015 年 11 月発売の「ビヨンドマックスメガキングⅡ」との比較


〈各打点における飛距離の比較〉スイングスピード約 150km/h でボールの飛距離を計測

※赤枠=高反発素材部分

「ビヨンドマックス」シリーズについて

【1】反発性能向上の歴史  ※金属バットを 100 とした場合
「ビヨンドマックスメガキング」シリーズの反発性能は、通常の金属バットと比較し約 19%向上しています。

【2】飛距離が伸びる仕組み 軟式野球用ボールは、ゴム製で中空構造のため非常に柔らかく、打撃時に加わる力で大きな変形を 起こします。その結果、エネルギーの損失が生じ、飛距離が伸びにくくなります。「ビヨンドマック ス」シリーズは、柔らかいウレタン素材を打球部に装着することでボールの変形を抑え、飛距離と 打球速度の向上に成功しました。


【商品名】:「ビヨンドマックスメガキングアドバンスⅡ」
【価格】: ¥42,000+税 (税込価格 ¥45,360)
【サイズ】:84cm・平均 750g/84cm・平均 770g
【カラー】:ブラック×レッド/ブラック×ブルー
【素材】:カーボン、グラス、レガリア PU フォーム
【付属品】:専用バットケース
【原産国】:中国

PICK UP!

新着情報