PR

去年の悔しさをバネに、今年は最高の夏にしよう!|POCARI SWEAT presents 土浦日本大学高校 チアリーディング部

2018.8.9

応援が力になる――グラウンドに立つ選手は、きっとその意味がよく分かるだろう。Timely!では球児のみんなにもっと実力を発揮してもらえるよう、たくさんのエールを集めてお届けしたい。

「土浦日本大学高校・チアリーディング部」のエール

去年の悔しさをバネに、今年は最高の夏にしよう!

――土浦日大のチアリーディング部について、教えてください。
石塚 私たちは、基本的に野球部やバレーボール部の部活応援を中心に活動していて、毎日放課後に1時間半から2時間くらい、練習しています。
斉藤 部員ば全部で22人いて、一番多いのは1年生で12人なんですけど、学年関係なくみんな仲が良いのがいいところだと思います。

3年の石塚紗弓さん(右)と 2年の斉藤綾音さん(左)

――チアリーディング部に入ったキッカケは?
斉藤 元々ダンスをやっていたので、高校でも踊りたいなと思って、チアリーディング部に入りました。
石塚 私は、先輩たちの演技を見たのがキッカケで、すごくキラキラしていて、そんな先輩たちに憧れて入部しました。

――チアリーディング部のモットーは何ですか?
二人 「笑顔」です!
斉藤 絶対に笑顔で応援することと、選手まで声が届くように、大きな声で応援することを心がけてます。

――学校生活で球児たちとの交流はあるんですか?
石塚 野球部は基本的にスポーツクラスなので、授業は一緒ではないですね。
斉藤 でも野球の大会前には、合同で応援練習をするので、その時は一緒に協力して準備しています。

――野球応援の一番の魅力はどんなところですか?
石塚 点が入って、みんなが笑顔になる瞬間が好きです!
斉藤 チアリーディング部が応援をリードして、スタンドのみんなが一体となって盛り上がるところが魅力だと思いますし、今年の県予選もとっても盛り上がって、楽しかったのを覚えています。

――その県予選を制して、2年連続で夏の甲子園出場になりますね。
斉藤 去年は、1年生でいきなり甲子園に行くことになって、スタンドにいても頭が真っ白になるくらいとても緊張しました。今年はもうちょっと冷静に応援できるかなと思います!
石塚 部員全員でしっかり振りを合わせて、野球部だけじゃなくて、チアもすごいと言われるような応援をしたいです。

――最後に甲子園で頑張る球児にエールをお願いします。
石塚 後悔しないように、頑張ってほしいです。
斉藤 去年の悔しさもあると思うので、それをバネに、ケガなく楽しんでほしいと思います。
(撮影・神山陽平)


体調の変化を気にしながら、こまめな水分補給で平成最後の夏を乗り越えよう!

長時間、外で活動すると大量に汗をかくことで熱中症のリスクが上昇します。体調の変化を感じたら、日陰に移動して水分を補給しましょう。汗と一緒に体外に流れた水分や電解質をすばやくバランス良く補うにはポカリスエットがオススメ!

――暑いなかでの応援では、どんなことに気をつけていますか?
石塚 ポカリスエットを飲んで水分補給するのはもちろん、野球応援では帽子をかぶって熱中症対策をしています。
斉藤 私は冷やしたタオルを首にかけたりしてます。暑くて少し疲れたときは体に優しいポカリを飲むのがオススメですよ。

ポカリスエットには水分だけではなく、汗で失われたナトリウムやカリウムなどの電解質が含まれているため、水よりも素早く、そして長く身体を潤すことができる。 汗をかいて必死に応援する人の頼もしいパートナーだ!

 

関連記事


PICK UP!

新着情報