選手

【注目選手2018春】世界大会で暴れた切り込み隊長|藤原恭大(大阪桐蔭)

2018.1.30

写真|スター軍団、大阪桐蔭の中でもひと際輝くリードオフマン藤原恭大外野手

藤原恭大(大阪桐蔭)外野手

編集部注目POINT
スター軍団の中でもひと際輝くリードオフマン。1年時からセンターを守り、走攻守全てにおいて異次元の才能を持っている。昨年のU18W杯では木製バットに苦しむことなく、2年生ながら一番打者として大活躍をした。

改善策を徹底的に考える
調子が悪いで済ませない

――セールスポイントはどこですか?

走塁が1番です。二塁打を三塁打にできるベースランニングには自信を持っています。

――入学した当初、現在のようにチームの先頭に立つイメージはありましたか?

先輩も同級生もすごい選手ばかりで、ここでやっていけるのかと思っていました。でも、実力がない中でも、西谷監督に使ってもらった。その経験が大きかったと思います。

――試合に出続けることで成長できたと。

試合に出ることで、自分の悪いところが見え、改善に取り組んだことが成長に繋がったと思います。

――オフシーズンの練習はシーズン中と比べて違いがありますか?

個人の能力を伸ばす期間と考えています。チームのことは気にしなくていいと監督から言われていますし、個々の能力を上げることに集中していますね。

――今年の冬の課題はありますか?

今年の冬に限れば『身体を大きくする』と『バッティングの改造』をテーマにしています。

――これだけ結果が出ているにも関わらず、フォームを変えるのですか?

打率が悪いですし、まだまだ強さが足りないと感じています。今はコーチと一緒に取り組んでいます。左中間、右中間に強い打球を打っていけるようになりたいです。

写真|インタビューに答えてくれた大阪桐蔭の藤原恭大外野手
藤原恭大[大阪桐蔭(大阪)/外野手]

――これだけは譲れないと、自分の中で決めていることを教えてください。

さっきと似た答えになりますが、結果が出ないときに調子が悪いからと終わるのではなくて、自分で悪いところを見直し良くなるように考えることですね。

――やはり自分で考える力が大事ですね。

野球はチームスポーツですが、自分の意識次第で結果は変わっていきますから。

――昨年は2年生にも関わらずU18に選出されました。その経験は生きていますか?

ヒットは多く打てたんですが、逆方向にしか打てませんでした。力と技術の無さを痛感しましたね。あの経験をきっかけにし、成長していきたいです。

――最後に将来の目標を教えてください。

高校を卒業し、プロ野球選手になり、将来はアメリカへ行きたいです。U18に入るまで海外というのはそれほど意識していなかったんですが、アメリカと対戦をし、自分たちより格上だと感じました。あの世界でプレーしたい、そう強く感じましたね。

Profile

藤原恭大(Kyota Fujiwara)。兵庫県出身。181cm/76kg。左投左打。枚方ボーイズ時代には小園海斗(報徳学園)とのコンビで活躍。高校通算本塁打21本。50m走のタイムは5.7秒を記録する俊足。憧れの選手は柳田悠岐(ソフトバンク)。

「注目選手2018春」関連記事


PICK UP!

新着情報