選手

【2019センバツ注目選手】前佑囲斗(津田学園)全身を大きく使った豪快な腕の振り!

2019.3.14

3月23日に開幕する選抜高校野球大会。今年は星稜の奥川恭伸投手、横浜の及川雅貴投手に注目が集まっていますが、彼ら以外にも将来が楽しみな選手は少なくありません。そこで、ドラフト会議のテレビ解説でもおなじみのアマチュア野球ウォッチャー、西尾典文さんに10人の注目選手をピックアップしてもらいました。


前佑囲斗(津田学園)


・ポジション:投手
・身長/体重:182cm/87kg
・投打:右投右打

この選手のここに注目!

全身を大きく使った豪快な腕の振り

化ければこんな選手!

井納翔一(DeNA)

寸評

東海地区を代表する大型右腕。手足が長くいかにも投手らしい体つきで、全身を大きく使って腕を振れるのが長所。指にかかった時のボールの勢いは申し分なく、スピードもコンスタントに140キロ以上をマークする。左右のぶれが大きく左肩の開きが早いのは課題だが、ピンチでもストレートで押すピッチングができるのは心強い。
昨年秋の東海大会は4試合全てで先発を任され、チームを準優勝に導いた。変化球のコントロールが安定してくれば、自慢のストレートが更に生きてくるようになるだろう。(撮影・評価:西尾典文)


「2019センバツ注目選手」関連記事

PICK UP!

新着情報