選手

【高校野球】今日のベストナイン!第90回センバツ大会(第5日)

2018.3.27

今年もやります!勝敗に関係なく、とにかくプレーで目についた選手をアマチュア野球ウオッチャー・西尾さんが選ぶ、第90回センバツ高校野球「今日のベストナイン」。大会第5日のベストナインを発表します!

投手

細川拓哉(明秀日立)3年 177cm/80kg 右投/右打

【今日の成績】9回 被安打5 失点1(自責点1) 奪三振5 四死球2

外角一辺倒だった1回戦からコントロールが大きく改善し、2試合連続での選出となった。今日のスピードは140キロに届かなかったが、リリースでの指のかかりが良く、数字以上にボールの勢いがあるのが長所。良い意味で腕の振りが丁寧で、スライダー、フォークもしっかり低めに集めるピッチングは安定感十分だった。

捕手

大久保謙亮(国学院栃木)3年 180cm/75kg 右投/右打

【今日の成績】4打席 4打数 0安打

バッティングは良いところがなかったが、2点リードの7回、無死一塁の場面で俊足の椿原塁(延岡学園)の盗塁を見事に阻止しチームを救った。3人の投手を粘り強くリードし、延岡学園の強打を終盤無得点に抑えた点での貢献度も評価した。

一塁手

該当者なし

 

二塁手

山田拓也(東海大相模)3年 168cm/63kg 右投/左打

【今日の成績】5打席 4打数 1安打 1打点 1死球

いかにも2番 セカンドというタイプの選手。初回は粘って死球、2回はタイムリーツーベースといずれも無死一塁の場面から大量点に繋ぐ役割をきっちり果たし、チームを大勝に導いた。加速の良いベースランニング、フットワークの良いセカンドの守備も高レベルだ。

三塁手

後藤陸(東海大相模)3年 173cm/65kg 右投/右打

【今日の成績】4打席 3打数 2安打 2打点 1死球

体つきは普通だがしっかりトップの形を作り、鋭く体を回転させるスイングが持ち味。変化球もしっかり引き付けて広角に鋭いライナーを放ち、2本の長打で聖光学院を突き放した。背番号9ながらサードの守備も違和感なくこなす器用さも魅力だ。

遊撃手

増田陸(明秀日立)3年 178cm/80kg 右投/右打

【今日の成績】6打席 6打数 2安打 1打点

小松勇輝(東海大相模)、小幡竜平(延岡学園)も良かったが、力強い打撃と確実性とスピードを兼ね備えた守備で一枚上と判断して増田を二試合連続で選出した。バッティングはまだムラがあるものの、甘いボールを逃さず振り抜けるのは大きな長所。この日も初回に今大会3本目となるフェンス直撃の打球を放ち、チームを勢いづけた。

外野手

森下翔太(東海大相模)3年 180cm/77kg 右投/右打

【今日の成績】5打席 4打数 2安打 1盗塁

第2打席は力んでキャッチャーフライに倒れたが、その後の打席にしっかり修正できるのはさすが。上手く力を抜きながらもトップの姿勢は力感で溢れ、打席での雰囲気は抜群。体の割れがしっかりできており、少しこすったような当たりでも打球の速さは申し分ない。この日はシングルヒット2本だったが、打球の勢いに凄さが表れていた。次の塁を積極的に狙い、走塁に対する意識の高さでも目立った。

上杉龍平(東海大相模)3年 184cm/79kg 右投/左打

【今日の成績】5打席 4打数 2安打 1打点 1犠打

背番号17だがたくましい体格で、パワーが光る左の強打者。スイングのバランスは少し崩れやすいが、初球からフルスイングできる積極性でタイムリー2本を放ち4番の役割をしっかり果たした。もう少し近くまでボールを呼び込めるようになれば、持ち味のパワーが更に生きるようになるだろう。

北野凱士(明秀日立)2年 174cm/70kg 右投/左打

【今日の成績】6打席 5打数 3安打 1犠打 1盗塁

細川、増田とともに2試合連続で選出。スピードは大会でも屈指で、第2打席で決めたセーフティバントの時のスピードは圧巻だった。足を生かそうとして少しバントの構えをすることが多いのは気になるが、スイングの形も安定しておりミート力も高い。このままパワーがついてくれば、更に注目を集める存在になるだろう。

*成績は手元集計です。公式記録ではありません。

「今日のベストイレブン」関連記事

PICK UP!

新着情報