企画

【大学準硬式】創価大・坂元の決勝スクイズで開幕戦勝利

2020.8.25

全日本選手権(8月・大阪開催)の代替大会となる「KANTO JUNKO SUMMER CHALLENGE CUP」が24日、東京・上柚木球場で開幕しました。春の関東大会優勝校・国学院大学を中心に、全国大会に出場予定だった関東の強豪10校が勢ぞろい。各校の戦いぶりと、準硬式球、金属バットを使用して行う「準硬式野球」の魅力をレポートします。


「関東準硬サマーチャレンジカップ」レポートFILE(1)

1回戦(24日・上柚木)創価大5-3筑波大

戦評

創価大が手堅い攻めで終盤に逆転勝ちした。同点で迎えた7回1死三塁、この日2安打の3番坂元良行(3年・関西創価)が初球スクイズを決めて勝ち越し。8回に2本の三塁前バント安打で好機を作り、1番𠮷田大悟(3年・関西創価)が右翼線へ二塁打を放って追加点を挙げ逃げ切った。筑波大は7番土井崇央(2年・水城)の左翼線二塁打で先制。先発・會川和希(2年・小山台)が3回無失点の好投で主導権をつかむが、後半に踏ん張れなかった。

創価大の先発・岸田正之(2年・創価)はスライダーを駆使し5回まで連打を許さなかった。

筑波大の先発・會川和希(2年・小山台)は4回に中越えランニング本塁打で2点目を奪う。

2019年東東京大会準優勝した小山台コンビ(右から)戸谷直大、會川和希が力投した。

創価大・𠮷田大悟選手(中堅手・3年・関西創価)



開幕戦を勝利で飾った創価。1番吉田が2安打1打点の活躍を見せた。「初戦ということで1番打者の自分がチャンスを作りたかった。4打席目でやっとヒット(三塁打)が出てホッとしました」。その場面。1死三塁(吉田)と好機を作ると、高校時代からのチームメート3番坂元が初球スクイズ。「高校時代からバントはうまかったので信頼していた」と好スタートを切り、勝ち越しのホームイン。阿吽の呼吸で追加点をもぎ取った。関西創価ではレギュラーではなかったが「もう一度、真剣な野球がやりたくて」と準硬式の世界へ。「うまい選手ばかりでないけれど、人間味のあるプレーが出るのが準硬式の魅力だと思います」。高校時代味わえなかった楽しさを今、体現中だ。


筑波大・若林功樹主将(遊撃手・3年・小山台)


新型コロナ感染症の影響による休校で新入生募集が遅れ、現在の部員数は14人と少ない(1年生1名)。それでも最後まで全員野球を貫いた。「サインプレーや選手起用など、自分たちで考えてやってきたことを今日は出せました」。若林は敗戦にも表情は明るい。目指しているのは「野球チームの新たなモデル」。人の指示で動くのではなく、自立した大人の野球だ。「自粛中はチームで集まれず、各自が自主練という活動でしたが、パーツ練習を各々がやってきたで、今日も試合勘を失わずに戦えたと思います」。若林を含むスタメン3人が都立小山台出身。2018、19年の東東京準優勝メンバーだ。「高校時代のパーツ練習が今に生きていますね」と振り返った。
(写真・取材/樫本ゆき 協力/関東地区準硬式野球連盟学連理事)

関連記事



PICK UP!

新着情報