学校・チーム

【高校球児のための大学野球部ガイド】横浜国立大学野球部、選手座談会!

2019.2.8
――一方の森山君は1年浪人したとのことですが、浪人時代はどれくらい勉強してましたか?
森山「浪人時代は予備校も行かずに自分で勉強してました。8時くらいに起きて、休憩とか挟みながら18時くらいまで勉強して、夕方からはウエイトとか筋トレをしてました。高校時代は体が細かったので、予備校に行かない分のお金で器具を買ってもらいました」

――予備校に行かずに自分だけで勉強するのは大変じゃなかった?
森山「自分の場合は逆に周りを気にせずに自分のペースでやれたのが良かったと思います。勉強をしながら体も動かしていたので、ストレスなくできました。体を動かすのは本当にリフレッシュになりましたね」

森山皓介(2年・外野手/理工学部数物電子情報系学科/県立相模原高校出身)
「やってみたら何とかなる! 迷うなら是非大学でも野球を続けてもらいたいです」

――大学生活の話になりますが、今は授業、練習の合間にアルバイトはしていますか?
森山・鵜飼「はい」

「今期はしてないですけど、前はしていました」

――ちなみにどんなバイトをしてますか?
森山「僕はファミレスのデリバリーです」

「僕は塾の講師とポスティングのバイトをしていました」

鵜飼「自分は週一で(出身チームでもある中学硬式野球チームの)湘南クラブでスタッフとして野球と勉強を教えてます」

「自分が勉強してなかったのに勉強教えてて大丈夫?」

鵜飼「中学時代の貯金で何とかなってます(笑)」

――中学時代は勉強も厳しかった?
鵜飼「そうですね。学校の成績も全部チーム(湘南クラブ)に提出しないといけなくて、成績が悪いとトップチームの試合に出してもらえないという感じでした」

PICK UP!

新着情報