「栄養コンディショニング powered by アミノバイタル®」

トレーニング、コンディショニングをサポートしてくれる!カラダの“マネージャー”アミノ酸

2019.4.25

アミノ酸を摂取したほうがいいと聞いたことはあるけれど、どんないいコトがあるのかを理解している球児は少ないはず! アミノ酸は言うなればカラダの“マネージャー”。トレーニング、休息をしっかりサポートしてくれるのです。これからカラダ作りを頑張りたいキミにもオススメです!


甲子園を目指す名門野球部に所属する玉野球児くんは、ある日チームメイトからアミノ酸がたくさんのアスリートから注目されているという噂を聞きました。でも、

「そもそもアミノ酸ってなに? どうやって摂取すればいいの?」

そんな疑問が頭の中を巡ります。そこで玉野くんは、アミノ酸のスペシャリストに話を聞きに行くことにしました。訪れたのは、味の素株式会社。スポーツニュートリション部に勤める安達祐介さんに、アミノ酸について聞いてみることに。何を隠そう安達さんは元高校球児。今でも草野球に励む一人なんです。高校球児の気持ちがわかる安達さんが教える球児にとってアミノ酸とは!?

アミノ酸の優秀なマネージャー力 その1:トレーニングの効率

玉野くん 安達さん。そもそも、アミノ酸って、なんなんですか?
安達さん アミノ酸を説明する前に、まずはカラダの構成について話をしていきましょう。「20%」これは何の数字か分かりますか?
玉野くん う~ん、紅白歌合戦の視聴率ですか?
安達さん 不正解(笑)。これは人間のカラダの構成要素のうち、タンパク質が占める割合なんだ。
玉野くん タンパク質って、そんなにあるんですね。
安達さん そう。それで、そのタンパク質を分解していくと、アミノ酸になる。つまりタンパク質は、たくさんのアミノ酸がつながってできているんだよ。
玉野くん そうなんですね!
安達さん 私たちはタンパク質がなければ、死んでしまうんです。髪の毛や骨、そして筋肉もタンパク質でできている。ただ、タンパク質は日々の生活の中で、消費されてしまい毎日身体のなかで入れ替わっているんです。
玉野くん 消費されたら、補給する必要がありますよね。どれくらい取る必要があるんですか?
安達さん 一般的な男子高校生だと、1日に必要な量は体重1キロ当たり、0.67グラム※と言われています。例えば体重60キロなら約49グラムが必要。卵なら8個くらい食べなければいけない計算になります。ハードに運動する球児や部活生のみんなは、もっと必要になってくるね。
玉野くん それは、無理っす!
安達さん もちろん、卵だけなら難しいけれど、タンパク質はいろんな食べ物に含まれているから、普通に三食食事をとっていれば、しっかり補給できます。ただ、運動をするとより多く消費されますし、筋肉の材料になったりといろんなところで使われるので、足りなくなってしまう。とくにカラダを強くしたいと考えている玉野くんにとっては、たくさんのタンパク質が必要になってくるんです。
玉野くん まさに! そのためにはタンパク質をたくさん摂る必要があるんですね。
安達さん その通り! バランスの良い食事に加えて、特に体でつくれないロイシンを含む必須アミノ酸が配合されたサプリなどで補うことも大事になってきます。
玉野くん ロイシンか……。覚えておこっと。

※参照:「日本人の食事摂取基準(2015年版)」

アミノ酸の優秀なマネージャー力 その2:ダメージを引きずらせない

安達さん 実はアミノ酸の働きはそれだけじゃないんだよ。
玉野くん ほかにもあるんですか?
安達さん 玉野くんは練習や試合で、ほとんど毎日トレーニングをしているよね?
玉野くん はい。毎日ボロボロです(苦笑)。
安達さん 同じようにハードなトレーニングを行うアスリートからもアミノ酸は評判がいいんです。
玉野くん トップアスリートも、アミノ酸を取り入れているんですね。
安達さん またアミノ酸にはコンディションを整えてくれる役割も期待できるんですよ。
玉野くん アミノ酸、半端ない!

トレーニング前後はすぐにマネージャーにサポートしてもらおう!

玉野くん 運動する前と、運動した後では、どちらに飲むのがオススメなんでしょうか?
安達さん ハードな運動をすればなおさら栄養が足りなくなりますから、なるべく早く補ってあげることが大切です。マネージャーさんも休憩となったらすぐにタオルや飲み物を用意してくれますよね。運動前に摂取することももちろんよいことですし、日々の食事を気をつけることも忘れてはいけません。
玉野くん 運動する前にも、後にもアミノ酸は必要なんですね。
安達さん それともう一つ豆知識。たんぱく質は吸収されるまでに34時間かかるんです。ところがアミノ酸を直接摂取すれば、アニメを1話見るくらいの時間でエネルギーに変えられると言われています。喉が渇いたらすぐに水を飲みたくなるように、運動後すぐのほうがオススメです。
玉野くん 確かにそうですね!

マネージャーの助けを借りてレベルアップしよう!

安達さん 日々の練習の中で、アミノ酸を意識的に摂取することは、コンディショニングを支えるとても大事な要素の一つ。つまりアミノ酸はすべてのアスリートの味方なんです。
玉野くん アミノ酸がなぜ必要なのか理解できました!飲むタイミングも重要ですね。
安達さん 練習の前後だけじゃなく、休息前に飲むのもオススメ。寝ている間にカラダの調整を助けてくれるからね。
玉野くん アミノ酸って、本当にマネージャーのようですね! 良いパフォーマンスを引き出してくれる! 僕もマネージャーの力を借りて、レギュラーを目指すぞ!


安達祐介 さん

味の素株式会社 スポーツニュートリション部に勤務。アミノ酸を知り尽くした、アミノ酸のプロ。高校時代は野球に明け暮れ、最近再び草野球を始めた生粋の野球好き。

玉野球児 くん

甲子園を目指す名門野球部の2年生。レギュラー獲得に向けて技術と体力の向上を目標に掲げている。

アミノ酸を効率よく摂取するためにアミノバイタルを活用する


スポーツ時に大切なアミノ酸(BCAA+グルタミン、アルギニンなど)3600mgと8種類のビタミンが顆粒状で飲みやすく摂取できます。アミノ酸は素早く吸収されるので、スポーツ中及びスポーツ後のカラダ全体のコンディショニングに最適です。

Next 一覧 Back