カラダづくり

スポーツ選手にとっての強い味方!ハチミツレモン

2016.7.7
  レモンにハチミツをプラスするだけで試合時のエネルギー補給に最適

 練習や試合のときにスライスしたレモンのハチミツ漬けを準備したり、実際に食べたりしている人は多いと思います。夏の暑い時期などはレモンをそのまま食べるだけではなく、残った汁を水で割ってレモネードとして飲んでもおいしいですよね。スポーツ選手にはどのような効果が期待できるものでしょうか。

●ハチミツの効果
ハチミツの主な成分は「果糖」と「ブドウ糖」といういわゆる糖質ですが、これらは分子が小さいため、消化吸収に優れています。試合前にエネルギー源として糖質を補給しますが(たとえばおにぎり、パン、バナナなどの果物)、ハチミツはこれらの糖質よりも素早くエネルギー源として利用することが出来るため、試合直前や試合中に補給しても十分間に合うと考えられます。またビタミンB1、B2をはじめ、アミノ酸やミネラル分も多く含むため、スポーツで身体を動かす人にとっては、疲労回復効果も期待できます。

●レモンの効果
酸っぱい成分であるクエン酸、ビタミンCを多く含む食べ物です。クエン酸は単体でとるよりも、ビタミンやミネラル、糖質などと一緒にとるようにするとより高い効果が得られます(参考ページ:クエン酸と上手につきあおう)。特に疲労回復に不可欠なビタミンB群はクエン酸と一緒に摂取することで吸収率がアップすると言われていますので、ビタミンB群を多く含むハチミツとの相性はバッチリです。

 このようにハチミツとレモンを一緒に食べることによって、エネルギー源を素早く補給するだけではなく、疲労回復の効果をさらに高めると考えられます。水で割ってレモネードとして飲むと水分・ミネラル分補給に役立ちますし、寒い時期はレモンのハチミツ漬け+しょうがをあわせることでホットレモネードとして身体を中から温めることもできます。

 作り方はとっても簡単。レモンを輪切りにスライスして、保存用のビンやタッパーを準備し、レモンがつかる程度にハチミツをかけて冷蔵庫で保存するだけです。作りたてよりも2~3日たったものの方が味がなじんでより食べやすいと思います。夏の試合前にぜひ準備してみてくださいね。