企画

【全国スイングスピード選手権】日大藤沢野球部が挑戦!

2017.5.31
仲の良さも抜群の日大藤沢ナイン
仲の良さも抜群の日大藤沢ナイン

このコーナーでは全国の野球部を訪問し、チームでも屈指のパワー自慢を集め、スイングスピードを計測。今後変動するランキングに入ることができれば、キミも大会で注目されること間違いナシ!?スピード王に輝くのは果たして誰だ!?

代打の一振りが魅せた衝撃の神スイング

一般的に高校球児のスイングスピードは平均120㎞前後と言われている。だが、プロ野球選手の平均は20㎞も速い140㎞前後。なぜならば、上のステージになればなるほど、バッターのスイングスピードが速くないと投手のストレートに負けてしまうのだ。それだけバッターにとってスイングスピードを上げることは重要なんだ。

さて、今日は甲子園出場経験のある神奈川の強豪日大藤沢高校にやってきた。山本秀明監督お墨付きのスイング自慢5人が挑戦だ。

さっそく計測スタート!

名将・山本監督の指導で鍛えられたスイングは鋭い
名将・山本監督の指導で鍛えられたスイングは鋭い
156.5kmを叩き出した萩原くんの豪快なスイング
156.5kmを叩き出した萩原くんの豪快なスイング

激戦区神奈川で勝ち抜くために、毎日必死にトレー二ングをしている日藤ナインだけあって各選手スイングが鋭い。平均数値にはまったく満足せず、一心不乱にバットを振り続ける。プロ顔負けの豪快なスイングで、140㎞を超す選手も出てくる中、チームでもひと際体格が大きい萩原直紀くんがチャレンジ。なんと驚愕の156.5㎞を計測!これには他のメンバーも自分のことのように喜んだ。

萩原くんのスイングを見守るメンバーも驚きの表情
萩原くんのスイングを見守るメンバーも驚きの表情

とんでもない数字を叩き出した萩原くんは、現在レギュラーではないが、代打の一振りに賭けている。そのため1日600回のスイングでバッティングを強化。スイングスピードを速くする独自のコツは、素振りと同じ感覚で、迷うことなく思いっきり振ることだ。

現在のランキング1位は156.5㎞。1回目にとてつもない大記録が飛びだしたスイングスピード選手権だが、この記録を超える選手は果たしているのだろうか!?

測定結果に悔しがり膝をつく田口くんとズッコケる仲間たち
測定結果に悔しがり膝をつく田口くんとズッコケる仲間たち

このコーナーでは我こそは真のスイングスピード王だという選手を大・大・大募集中!
次はキミの野球部で計測だ!

現在のスイングスピードランキング!

《順位名前/学年/高校記録》

1位萩原直紀3年日大藤沢156.5km
2位小松俊章3年日大藤沢142.1km
3位菅原裕太3年日大藤沢135.3km
4位田口大晴3年日大藤沢133.9km
5位穂積裕也3年日大藤沢133km
     
     
     
     
     

(2017年5月22日現在)

*使用バット:900g以上のバットを使用

スイング動画

萩原直紀くん(3年)

「この記録を自信にして、夏の大会で活躍できる選手になりたいです!」

記録:156.5km

小松俊章くん(3年)

「140㎞を出せて良かったです。夏は神奈川最強二番バッターになります。」

記録:142.1km

菅原裕太くん(3年)

「もっと速い数値が出るよう鍛え、夏は150㎞のスイングをしたいと思います。」

記録:135.3km

田口大晴くん(3年)

「プロ野球選手と、スイングスピードの差はあまりなかったので自信になりました。」

記録:133.9km

穂積裕也くん(3年)

「もう一回リベンジしたい。でも、自分は技術でバッティングをカバーします。」

記録:133km