選手

【東海大高輪台】山木瑠也キャプテンにインタビュー

2017.5.8
インタビューに答えてくれた東海大高輪台高校野球部山木瑠也キャプテン
山木 瑠也(やまき りゅうや)捕手 176cm/79㎏ 右投/右打

部員113人の東海大高輪台野球部を束ねる山木瑠也キャプテン。ポジションもキャッチャーでまさにチームの要と言える存在だ。東海大高輪台を選んだ理由にも強い思いがあったという。そんな山木キャプテンにチームのこと、将来の目標などを聞いた。


一致団結して最後は甲子園に行こう

Q1:ポジションを教えてください
キャッチャーです。

Q2:この高校を選んだ理由は?
東海大の系列校の中でこの学校だけ甲子園に出場していないことを聞いて、自分達の代で絶対出場するという強い思いで選びました。

Q3:チームのスローガンを教えてください
一戦必勝です。甲子園に出ることが目標ですが、自分達が力のあるチームではないのでまず目の前の試合に勝つということで決めました。

Q4:チームの今の目標は?
甲子園出場です。

Q5:チームの強みは?
普通に投げられれば良いピッチャーが揃っていますし、打つことに関しても能力はある選手が多いと思っています。

Q6:チームの課題は?
一人一人が野球だけでなく人間として成長できていないと思います。普段の生活や気配りも足りないところがあって、そういう部分がプレーにも出ると思っています。

Q7:普段の練習時間を教えてください
平日は17時過ぎに始まって大体20時半までです。
土曜日も授業があるので14時過ぎくらいから18時くらい。日曜日は今の時期は試合が多いですが、練習の時は8時から18時くらいで、その後に自主練習という形です。毎週月曜日は休みです。

Q8:現在、チームで特に強化していることは?
バッティングの面で大きいのを狙い過ぎていたので、今は低い打球を打つということを心がけています。

Q9:ライバル校をあげるとすると?
東東京の全ての学校です。

Q10:対戦した選手で「すごい!」と思ったは選手がいれば教えてください
1年の秋に都大会の準決勝で対戦した大江竜聖投手(二松学舎大付→巨人)です。力の入れどころを分かっているピッチャーで、完全に力負けしました。

Q11:キャプテンとして意識していることは?
自分のプレーで引っ張るということはもちろんなんですが、今は自分のプレーよりもチームにとって何が大事かということを一番に考えています。

Q12:キャプテンとして大変なことは?
部員も多いので、チーム全員が同じ方向に向けるということが難しいと感じています。

Q13:キャプテンをしていて嬉しかったことは?
やっぱり試合に勝った時は一番うれしいです。

Q14:チームの中で流行っていることはありますか?
スマホのゲームではプロスピ(プロ野球スピリッツ)をやっている選手が多いです。

Q15:憧れ、目標とする選手は?
自分はキャッチャーなのでやっぱり阿部慎之助選手が憧れです。守備もバッティングも技術が高いところが凄いと思います。

Q16:希望の進路と将来の目標は?
まずは大学進学を考えています。将来的には社会人でプレーをしたいです。プロは引退した時に潰しがきかないこともあるので、社会人がいいなと考えています。

Q17:願い事がひとつだけ叶うとしたら何をお願いする?
甲子園に出場したいです。

Q18:監督さんってどんなひと?
厳しい時も優しい時もありますが、自分達にとても親身になって接してくれます。

Q21:チームのみんなへメッセージをお願いします!
春はすぐ負けてしまってチームの状況は良くないけど、一致団結して最後は甲子園に行こう。

山木瑠也キャプテン、インタビューありがとうございました!

(取材・写真:西尾典文)

【東海大高輪台】関連記事