企画

【首都大学野球連盟】高校球児のための首都大学リーグガイド!

2017.4.13

球児のための大学ガイド「首都大学リーグ」篇知ってるようで実はよく知らない「大学野球」を現役高校球児に向けにガイドします!今後の進路の参考にしていただけると幸いです!
第3回目は名門東海大学が長く王者として君臨する「首都大学野球連盟」をガイドしちゃいます。

About 首都大学野球連盟

リーグの特徴

全日本大学選手権優勝4回、明治神宮大会優勝3回と全国で見ても屈指の名門チームである東海大学長く王者として君臨している。しかし昨年は春、秋ともに優勝を逃し、今春もいきなり連敗スタートとなるなど混戦模様を呈してきた。

まず対抗勢力の一番手となるのは日本体育大学。今年も有望な新人選手が多く入り、チーム力はアップしている。新興勢力は佐々木千隼(ロッテ)を擁して昨年秋にリーグ初優勝を果たした桜美林大学。高校時代は無名だった選手が多いが、高い育成力で年々力をつけている。

国立大で唯一明治神宮大会優勝経験のある筑波大学、近年好投手を多く輩出している帝京大学も安定勢力だ。
また、かつては上位の常連だった城西大学が二部に降格するなど、一部と二部の実力差も小さくなっている。

東京六大学、東都大学に比べると全体的なレベルは少し落ちるものの、伝統のあるリーグだけに個々に力のある選手は揃っている。また日本体育大学や筑波大学などは卒業後に指導者になるケースが多いのも特徴である。

加盟大学(15校)

【一部】

桜美林大学(私立)
東海大学(私立)
日本体育大学(私立)
帝京大学(私立)
筑波大学(国立)
明星大学(私立)

【二部】

城西大学(私立)
獨協大学(私立)
武蔵大学(私立)
玉川大学(私立)
明治学院大学(私立)
東京経済大学(私立)
大東文化大学(私立)
足利工業大学(私立)
成城大学(私立)

リーグの野球偏差値

67

使用球場

一部:バッティングパレス相石スタジアムひらつか、サーティーフォー相模原球場など
二部:熊谷運動公園野球場、ネッツ多摩昭島スタジアムなど

順位決定方式

一部:勝ち点制(2戦先勝で勝ち点1)
二部:全チーム総当たりで一次リーグを実施し、勝率順で上位4校、下位5校を決定。上位、下位でそれぞれ更に二次リーグを実施して勝率制で最終順位を決定する


各大学データ

桜美林大学

ベンチ入りメンバー野球偏差値
65

ベンチ入り難易度
★★★☆☆

スポーツ推薦

練習会、セレクションについて(2016年実績)
8月にセレクションを実施

グラウンド所在地
東京都町田市

レギュラー選手の主な出身校(2016年実績)
都立日野、桜美林、平塚学園、関東第一、日大高

近年の主なプロ入り選手
佐々木千隼(2016年:ロッテ 1位/都立日野)
川相拓也(2014年:巨人 育成2位/桐蔭学園)

プロ以外の主な野球継続チーム(社会人)
日立製作所、三菱自動車岡崎、西部ガス、九州三菱自動車

東海大学

ベンチ入りメンバー野球偏差値
70

ベンチ入り難易度
★★★★★

スポーツ推薦:有

練習会、セレクションについて(2016年実績)
8月にセレクションを実施

グラウンド所在地
神奈川県平塚市

レギュラー選手の主な出身校(2016年実績)
東海大相模、東邦、日南学園、光星学院、健大高崎

近年の主なプロ入り選手
丸山泰資(2016年:中日 6位/東邦)
吉田侑樹(2015年:日本ハム 7位/東海大仰星)
中川皓太(2015年:巨人 7位/山陽)
鈴木昂平(2015年:オリックス 7位/東海大菅生→東海大→三菱重工名古屋)
渡辺勝 (2015年:中日 育成6位/東海大相模)

プロ以外の主な野球継続チーム(社会人)
七十七銀行、日立製作所、日本通運、三菱自動車岡崎、JR東海

日本体育大学

ベンチ入りメンバー野球偏差値
66

ベンチ入り難易度
★★★★☆

スポーツ推薦

練習会、セレクションについて(2016年実績)
不明

グラウンド所在地
神奈川県横浜市青葉区

レギュラー選手の主な出身校(2016年実績)
明石商、大冠、上宮太子、日体荏原、日大三

近年の主なプロ入り選手
辻孟彦(2011年:中日 4位/京都外大西)
鶴岡賢二郎(2010年:横浜 8位/春日部共栄→日本体育大→四国IL・愛媛)
佐藤充(2003年:中日 4巡目/坂戸西→日本体育大→日本生命)

プロ以外の主な野球継続チーム(社会人)
新日鐵住金鹿島、東芝、三菱重工名古屋、新日鐵住金東海REX、Honda熊本

帝京大学

ベンチ入りメンバー野球偏差値
65

ベンチ入り難易度
★★★★☆

スポーツ推薦

練習会、セレクションについて(2016年実績)
8月にセレクションを実施

グラウンド所在地
神奈川県津久井郡相模湖町

レギュラー選手の主な出身校(2016年実績)
帝京、金光大阪、岡山学芸館、横浜商、和歌山商

近年の主なプロ入り選手
青柳晃洋(2015年:阪神 5位/川崎工科)
山本賢寿(2003年:巨人 6巡目/横須賀工)
愛敬尚史(2000年:近鉄 2位/金光第一→帝京大学→松下電器)
窪田淳(1999年:阪神 6位/市立銚子)
里崎智也(1998年:ロッテ 2位/鳴門工)

プロ以外の主な野球継続チーム(社会人)
日本通運、NTT東日本、明治安田生命、JX-ENEOS、西部ガス

筑波大学

ベンチ入りメンバー野球偏差値
65

スポーツ推薦

ベンチ入り難易度
★★★☆☆

練習会、セレクションについて(2016年実績)
8月に練習会を実施(入試の合否には無関係)

グラウンド所在地
茨城県つくば市

レギュラー選手の主な出身校(2016年実績)
秋田南、日大三、報徳学園、膳所、鹿島(佐賀)

近年の主なプロ入り選手
坪井俊樹(2008年:ロッテ4 位/川崎工科)
藤井淳志(2005年:中日 大学生社会人3巡目/豊橋東→筑波大学→NTT西日本)
杉本友(1996年:オリックス 1位/川越)

プロ以外の主な野球継続チーム(社会人)
日立製作所、東京ガス、JX-ENEOS、JR東海、三菱重工広島

明星大学

ベンチ入りメンバー野球偏差値
62

ベンチ入り難易度
★★★☆☆

スポーツ推薦

練習会、セレクションについて(2016年実績)
8月にセレクションを実施

グラウンド所在地
東京都日野市

レギュラー選手の主な出身校(2016年実績)
市立川越、富士市立、東海大菅生、西武文理、仙台育英

近年の主なプロ入り選手
南要輔(2016年:楽天 育成2位/東海大菅生)
松原聖弥(2016年:巨人 育成5位/仙台育英)

プロ以外の主な野球継続チーム(社会人)
きらやか銀行、フェデックス、三菱重工名古屋、カナフレックス、ニチダイ

二部の大学グラウンド所在地

城西大学:埼玉県坂戸市
獨協大学:埼玉県越谷市
武蔵大学:埼玉県朝霞市
玉川大学:東京都町田市
明治学院大学:神奈川県横浜市戸塚区
東京経済大学:東京都武蔵村山市
大東文化大学:埼玉県東松山市
足利工業大学:栃木県足利市
成城大学:神奈川県伊勢原市

その他リーグデータ

通算優勝回数

(2016年秋季リーグ終了時点)

東海大学:69回
日本体育大学:22回
筑波大学:4回
帝京大学:3回
城西大学:3回
明治学院大学:2回
大東文化大学:1回
桜美林大学:1回

過去10年間のリーグ戦優勝回数

(2007年春〜2016年秋)

東海大学:16回
日本体育大学:3回
桜美林大学:1回


過去10年間の全国大会優勝回数

(2007年春〜2016年秋)

東海大学:1回

合計:1回(3位タイ/26連盟中)

過去10年間の全国大会勝利数

(2007年春〜2016年秋)

東海大学:19勝
日本体育大学:4勝
桜美林大学:2勝

合計:25勝(3位/26連盟中)

現役プロ野球選手数(NPBおよびMLB

(NPBおよびMLB)

東海大学:15人
城西大学:2人
桜美林大学:2人
明星大学:2人
筑波大学:1人
帝京大学:1人
武蔵大学:1人

合計:24人(4位/26連盟中)

(データ・文:西尾典文)

【東京六大学】高校球児のための東京六大学ガイド!

【東都大学野球連盟】高校球児のための東都大学リーグガイド!