選手

【高校野球】今日のベストナイン!センバツ大会(第5日)

2017.3.24

勝敗に関係なく、とにかくプレーで目についた選手をアマチュア野球ウオッチャー・西尾さんが選ぶ、センバツ高校野球「今日のベストナイン」。大会第5日のベストナインを発表します!

センバツ高校野球今日のベストナイン

投手

池谷蒼大(静岡)3年 175cm/75kg 左投/左打

【今日の成績】7回 被安打6 失点1(自責点1) 奪三振9 四死球0

上背以上に角度のあるストレートと縦のスライダーのキレが長所。
この日の最速は137kmにとどまり立ち上がりには長打を浴びて先制を許したが、テンポの良いピッチングでしっかりと要所を締めた。
フォームに悪い癖がなく、身体的な強さが出てくれば球威もアップするだろう。

捕手

森康太朗(静岡)3年 168cm/68kg 右投/右打

【今日の成績】6打席 6打数 1安打 1打点

イニング間のセカンド送球で今大会二人目となる1.8秒台をマークした強肩が光った。
低い軌道で伸びる球筋は素晴らしい。
打つ方も1安打に終わったもののレフトに大飛球を放つなどパンチ力を見せた。

一塁手

清宮幸太郎(早稲田実)3年 184cm/103kg 右投/左打

【今日の成績】5打席 4打数 1安打 1四球

 初回の第一打席で初球を完璧にとらえてライト前ヒット。
二打席目以降はノーヒットに終わったが、ヘッドスピードとフライの滞空時間の長さはやはり只者ではない。
9回に同点に追いつく際に大きなポイントとなったピッチャーゴロエラーも、ネクストの清宮のプレッシャーに相手投手が負けたように見えた。

二塁手

藤田誠也(静岡)3年 165cm/65kg 右投/左打

【今日の成績】6打席 5打数 2安打 2打点 1四球

柔らかいハンドリングとスピード感のある守備はシートノックから目立ち、実戦でも落ち着きのあるプレーを見せた。
バッティングもシュアなスイングでツーベース2本。
少し淡白なステップに粘りが出てくれば更に嫌らしい選手になるだろう。

三塁手

大石哲平(静岡)3年 168cm/68kg 右投/左打

【今日の成績】6打席 6打数 3安打 1打点

第五打席のツーベースで二塁到達では今大会最速のタイムとなる7.68秒をマーク。
脚力はもちろんだが、シングルヒットでも足を緩めない姿勢が素晴らしい。
上背はないがたくましい体つきで、ヘッドの走るスイングと打球の速さでも一際目立った。

遊撃手

村松開人(静岡)2年 170cm/70kg 右投/左打

【今日の成績】6打席 3打数 2安打 2四球 1犠打 1盗塁

藤田と組む二遊間の安定感とプレーのスピードは大会屈指。
低くて速い送球が徹底できている。タイミングの取り方に余裕があり、ボールを長く見られるため選球眼も良い。
大差でリードしていてもセンターフライで一塁からタッチアップして二塁を陥れるなど気を抜かない姿勢も好印象だ。

外野手

有安晟真(東海大福岡)3年 175cm/75kg 右投/右打

【今日の成績】4打席 3打数 2安打 1四球

相手の好投手、黒田倭人(神戸国際大付)のキレのあるスライダーを第一打席で見事にとらえてレフト線へツーベース。
コンパクトに鋭く振り出し、踏み込みもしっかりしているのでどのコースにも対応できている。
躍動感のあるランニングでも目立った。

西浦颯大(明徳義塾)3年 178cm/72kg 右投/左打

【今日の成績】5打席 5打数 2安打

構えとトップの姿勢に程良い緊張感があり、いかにも長打の出そうな雰囲気が溢れている。
入ってくるボールは強く引っ張り、逃げるボールは膝を使って逆方向に打ち分ける技術の高さは高校生トップクラス。
スピードとライトから見せる強肩も見事だった。

谷合悠斗(明徳義塾)2年 178cm/83kg 右投/右打

【今日の成績】5打席 2打数 1安打 1本塁打 1打点 3四球

下級生だが四番としての雰囲気は十分。
第三打席までは誘うボールをしっかり見極めて四球を選び、第四打席では左中間へ見事な一発を放った。
ヘッドが下がらずに強く振り切れるスイングは出色。
順調に成長すれば来年騒がれる存在になりそうだ。

*成績は手元集計です。公式記録ではありません。