選手

【高校野球】今日のベストナイン!センバツ大会(第4日)

2017.3.23

勝敗に関係なく、とにかくプレーで目についた選手をアマチュア野球ウオッチャー・西尾さんが選ぶ、センバツ高校野球「今日のベストナイン」。大会第4日のベストナインを発表します!

投手

川端健斗(秀岳館)3年 175cm/70kg 左投/左打

【今日の成績】8回 被安打5 失点1(自責点0) 奪三振10 四死球5

テイクバックで左肩が大きく下がるフォームだが、常時140km台をマークするストレートは角度十分(この日の最速は146km)で高田商打線を寄せつけなかった。
少し制球を乱す場面があるのは課題だが、鋭く縦に変化するスライダーのキレも抜群。
左右のぶれがなく下半身を使って投げられており、セットでもスピードが落ちない点も素晴らしかった。

捕手

幸地竜弥(秀岳館)3年 182cm/78kg 右投/右打

【今日の成績】5打席 5打数 2安打 4打点

満塁ホームランを放った打撃以上に光ったのが安定した守備。
イニング間のセカンド送球では余裕を持って投げて2.00秒をマークし、ミットの動かないキャッチングも長所だ。
スライダーを意識させておきながら要所ではストレートを続けて要求するなど、配球でも工夫が見られた。

一塁手

該当者なし

 

二塁手

北川智也(福井工大福井)3年 166cm/70kg 右投/左打

【今日の成績】5打席 3打数 2安打 2四球 1盗塁

上背のなさを全く感じさせない強打が光った。
少しヘッドが中に入るものの、バランス良く鋭く振り出せるスイングは出色。
ストレートをレフト線、変化球をセカンド強襲と左右に見事に打ち分けた。
脚力も申し分なく、軽快なフットワークの守備と思い切りの良い走塁も魅力だ。

三塁手

中島淳(作新学院)3年 178cm/80kg 右投/右打

【今日の成績】5打席 3打数 3安打 3打点 2四球

バットを高く上げる構えから慎重なステップでタイミングをとり、鋭いスイングで広角に長打を放つバッティングは見事。
決して力任せではなく技術で長打を放っている。
ホームランが出ればサイクルヒットという打席でもしっかりボールを見極めて四球を二つ選んだ点も評価できる。

遊撃手

西巻賢二(仙台育英)3年 168cm/73kg 右投/右打

【今日の成績】4打席 3打数 1安打 1四球

守備の安定感は大会屈指。
バント処理で併殺にできる場面でもたついたミスはあったものの、3度あったショートゴロは危なげなく処理した。
攻撃面でも第一打席で先制の口火となるヒットを放ち、第三打席では相手ショートのエラーですかさず二塁を陥れるなど先頭打者としてチームを牽引する活躍を見せた。

外野手

山岸旭(福井工大福井)3年 182cm/86kg 右投/右打

【今日の成績】5打席 4打数 1安打 1本塁打 2打点 1四球

たくましい体格を生かしたプルヒッティングは強烈。
4回にチーム初安打となるツーランホームランをレフトスタンドに叩き込み、そのパワーを見せつけた。少し上半身が強いスイングだが、動きに急なところがないのが長所。
守備、走塁にもう少し特徴が出てくると更に注目される存在になるだろう。

山田利輝(仙台育英)3年 176cm/70kg 右投/右打

【今日の成績】4打席 3打数 2安打 1打点 1犠飛

2安打はいずれも初球を積極的にとらえたもので、ストライクを逃さず打つ仙台育英打線の象徴的存在。
少しアウトステップするのは課題だが、全身を使って引っ張る打球は強烈。
チャンスの場面でも自分のスイングができる精神的な強さも光った。

鈴木萌斗(作新学院)3年 182cm/75kg 右投/左打

【今日の成績】6打席 4打数 1安打 2四球 1盗塁

バッティングは初回の1安打に終わったが、その後も二つ四球を選び先頭打者としての役割を果たした。
持ち味のスピードで盗塁を決め、センターの守備でも後方のフライを素早い背走で楽々キャッチ。
少し手打ちになるのは課題だが運動能力の高さはさすがだ。

*成績は手元集計です。公式記録ではありません。