選手

【盛岡大付】比嘉賢伸「センバツの目標はすばりベスト8以上!」

2017.3.21

「今年のチームは個性派軍団ですが、いつも明るく、前向きです」。そうチームを紹介してくれた比嘉賢伸キャプテン。自身は大阪・大正ボーイズ出身で、18人の登録メンバーは関西出身が4人おり、練習後は笑いのある明るい雰囲気に包まれる。比嘉主将に今年の「モリフ」について話を聞いた。


笑顔で取材に答えてくれた比嘉賢伸キャプテン大阪出身とあって、笑いとユーモアを交えてインタビューに受け答えてくれた比嘉賢伸キャプテン

センバツの目標はすばりベスト8以上!

Q1:チームの強みは何ですか?

去年からのウリであるバッティングは変わらずにレベルアップしていきたいのですが、今年は平松竜也、三浦瑞樹という2人のいい投手がいるので投手力も期待できると思います。

Q2:チームの課題は何ですか?
守備です。
自分(遊撃)のレベルアップも含めて、合宿で実戦経験を積んでいるところです。

Q3:特に強化してきた練習は何ですか?
雪があるので、バッティングしかできません。
でも逆に集中して強化できるのも良いところです。
試合では「わんこそば打線」がおかわりできるように頑張ります。

Q4:チームのスローガンは?
一瞬懸命です。
一瞬、一瞬を懸命に過ごすという意味で、グラウンドの外野スタンドに看板が掲げられています。

Q5:ライバルはどこですか?
センバツに出ている学校が全てライバルですが、強いてあげるなら東北大会決勝で敗れている仙台育英です。
もう二度と負けたくないです。

Q6:キャプテンとして意識していることはなんですか?
プレーのことよりも、大人のチームを目指しています。
言わなきゃいけない時と、相手の気持ちを考えて、言い方や、タイミングを考えて声をかけています。

Q7:キャプテンをしていて大変だったことは?
大変なことはないです!

Q8:キャプテンとして嬉しかったことは?
最後に負けてしまったので、まだないですね。
終わった時に言えるようになりたいです。

Q9:チーム内で流行っていることは?
寮で、一つの部屋に集まって語ることです。
6畳くらいの2人部屋に5,6人集まって密集して恋バナをします。
「ヤベエ、こんな時間だ、寝よ〜!」で、語りタイムが終了します。

Q10:希望進路と将来の目標は?
大学進学です。
関東志望で、甲子園の結果で決まると思っています。
将来の夢は海猿(国家公務員)と、会社経営者の2つあり、迷っています。

Q11:センバツ大会での、チームの目標は何ですか?
すばり、ベスト8以上!
…ですが、まずは初戦に勝つ事を目指します。

比嘉キャプテン、取材対応ありがとうございました!

盛岡大付属の比嘉キャプテンと小林くんの二遊間コンビ比嘉キャプテン(左)がおススメするチームメート、小林由伸選手(右:3年・二塁手)。息の合った二遊間コンビで守備からピッチャーを盛り上げます!

(取材・写真/樫本ゆき)

【盛岡大付】秋に急成長を見せた大型本格派右腕!平松竜也

【盛岡大付】大谷翔平を打ち砕いた打撃改革、目指すは5点以上取る野球