選手

清宮から5三振奪った左腕は打ってもすごい!櫻井周斗(日大三)【野球通がうなるセンバツ注目10選手】

2017.3.10

清宮(早実)、安田(履正社)だけじゃない!アマチュア野球ウォッチャー・西尾典文氏が注目する「野球通がうなるセンバツ注目10選手!」。

5人目は秋季東京都大会の決勝戦で清宮幸太郎(早稲田実)から5打席連続三振を奪い、一躍注目を集めた左腕!櫻井周斗(日大三)。

清宮幸太郎(早稲田実)から5三振を奪い注目を集めた櫻井周斗(日大三)
櫻井周斗(日大三)外野手兼投手 177cm/76㎏ 左投/左打

プロでいうとどんな選手

大野豊(元広島)

この選手のここがすごい!

打者の手元で鋭く落ちる縦のスライダー

寸評

秋季東京都大会の決勝戦で清宮幸太郎(早稲田実)から5打席連続三振を奪い、一躍注目を集めたサウスポー。清宮がこの試合を除く国内の公式戦で喫した三振は162打席でわずかに8。つまり約20打席に一度しか三振しない清宮をこれだけ完璧に抑え込んだところに櫻井の凄さが現れている。
最大の武器は鋭く縦に変化するスライダー。140km台のストレートと同じ腕の振りで投げられるため、特に左打者には絶大な威力を発揮する。一方で背番号は8と本職はセンターであり、外野手としての能力も高い。投打ともにそのプレーから目を離すことのできない存在だ。

▼ピッチング篇


▼バッティング篇

【日大三高】関連記事