学校・チーム

【野球女子ワイワイ座談会】こんな球児クンに憧れます♪(検見川高校)

2017.3.2

検見川高校野球部のマネージャーの皆さん

今回は、千葉県の検見川高校。とっても仲良しな6人の女子マネージャーにインタビューをしてきました。選手への思いを聞くと全員がお母さんのような答え…。部員たちの言葉やしぐさにマネージャー陣は胸キュンしているようですよ。


[ 今回の学校は検見川高校(けみがわこうこう)/千葉県 ]

マネージャーとしてのやりがいを教えて!

小暮 みんなの成長が感じられたときかなぁ。
田谷 入学時から比べて体つきや身長が伸びているのをみると…。
2年生 大きくなったね〜。
小暮 って思う。
杉村 お母さん目線だよね(笑)。
山品 私は「検見川高校はいいチームだね」って言われると、やっていて良かったなって思います。
大塚 普段の練習が結果に繋がっているのかなと思うと楽しいです。
山品 選手が上手くなっていくのを感じられると嬉しいです。
田中 うわぁ! 山品さんに先に言われちゃった〜。私も山品さんと同じ意見です(笑)。
小暮 みんなお母さん目線だね(笑)。

杉村 毎年、夏の大会前に鶴とお守りをつくっているんですが、昨年は17000羽の鶴を折って、『執念』の文字をつくりました。

小暮 私たちが1年の秋季大会くらいから折り始め、約1年かけて完成させました。今年はお守りに力を入れようと計画中です。
大塚 私たちは、昨年は立体の帽子型のお守りをつくろうと思ったんですけど…。
田中 全然、立体にならなかったよね(笑)。
山品 だから今年はどうしようと考えているところです。
杉村 つくったお守りをカバンにつけて、大事にしてもらえると嬉しいよね!
小暮 そうそう! ちゃんと「カバンにつけてよね!」って思いながらつくるもん(笑)。

楽しい!と思う女子マネの仕事はある?

2年生 ノックのボール渡し!
田谷 近くで練習を見られるのが楽しいです。
杉村 でもちょっとスリルある(笑)。
小暮 当たりそうになるよね。
田谷 外野からのバックホーム!
2年生 あれは怖い〜!!
杉村 投げる仕事もときどきあるよね。
小暮 酒井監督が「マネージャーも部員の一員だ!」と言ってくださるので、色んなことをやらせてもらっています。
田谷 内野の守備練習で思いきり投げて、それを選手が捕球する練習をしました。
杉村 3人して肩回しながら、「肩パンパン〜」って言っていたよね。
山品 私、バッティングマシンへのボール入れが楽しいんですけど、怖いです(笑)。打ってくれるのは良いことなんですけど、打球が…。
田中 わかる! ライナーとか、打球音とか怖いときあるよね。

やっちゃったー!!! な失敗談はある?

大塚 ウグイス嬢をしているときに、マイクのスイッチを入れたままにしちゃうことは頻繁にあります。

杉村 昨年のバレンタインは酷かった(笑)。
小暮 味のないクッキーをあげました。
田谷 3人で休みの日にハート形のクッキーをつくって、可愛くラッピングしたんです。
杉村 見た目は普通なんですが、食べた瞬間、なんだこれは…って(笑)。
田谷 味見もしたけど、とにかく詰めたよね。
小暮 量を多めにあげたので、味がなくても許されるかなと思ったんですが、みんなのお口には合わなかったみたいです(笑)。
杉村 ホワイトデー翌日の練習終わりに主将から「マネージャーたち、ちょっと来て」って呼ばれて行ったら「2年生から」って、お菓子を用意してくれていたんです。
小暮 嬉しくて大騒ぎしたよね!
大塚 先輩たちからバレンタインの話を聞いていたので、私たちもあげようと思っています。
山品 手づくりするよね?
大塚 う〜ん…考えます(笑)。つくるの苦手。
山品 田中さんが得意です!
田中 お菓子をつくるのが好きなんです。
大塚 2人がつくって私はラッピングを担当します(笑)。

憧れのスコアラー!ベンチに入る順番は?

2年生 じゃんけんです!
小暮 大会ごとにじゃんけんをして、勝った人から順番にベンチに入っていました。
杉村 でも、田谷さんが入った試合だけ負けてる〜って気がついて(笑)。
田谷 また私で負けるのか! と(笑)。だから昨秋の県大会はベンチに入りませんでした。入りたい気持ちはありますが、もし負けたら…と。
小暮 でも田谷さんの応援は凄かったよね!
田谷 私の応援が凄いとTwitterで書かれました(笑)。
一同 もうすごい!(笑)。
杉村 球場全体に声が響いて、ベンチにも、打席にも聞こえるので、試合が終わったあとにTwitterみると「検見川のマネージャーの応援がすごい!」って書かれているんです。
田谷 そう言ってもらえるのは嬉しいので、私は応援を頑張ろう! と思っています。
山品 私たちのときはどうする?
田中 じゃんけんする?
大塚 くじ? そのとき考えよう(笑)。

教えて!検見川高女子マネのお仕事

選手を支える縁の下の力持ちである女子マネたち。スコアラーやウグイス嬢以外も
たくさんの仕事をしています。どんなことをしているのか、少しだけ紹介します!

仕事1 ネットの補修

ネットの補修を行う検見川高校野球部マネージャーネットが破れると、ボールがすり抜けて危険! そこで、破れた箇所を丁寧に結び直し、ライターで炙ってしっかりと固めます。

仕事2 マシンへのボール入れ

マシンへのボール入れを行う検見川高校野球部マネージャー

「いきまーす!」。マシンを使った守備練習で、ボールを入れるのはマネージャーの仕事。バッティング時にはヘルメットを被ってマシンにボールを入れます!

仕事3 ボール拾い

ボール拾いを行う検見川高校野球部マネージャー

選手と一緒に練習の合間にボール拾い! 小さな身体で誰よりもテキパキと動き、たくさんのボールを拾います。

仕事4 ランニングの並走

ランニングの並走をする検見川高校野球部マネージャー

学校の外周をランニングするときは、最後尾を自転車で追いかけます。ペースが落ちた選手を励まし、ハッパをかけます。

仕事5 ジャグのドリンクづくり

ジャグのドリンクづくりをする検見川高校野球部マネージャー

選手の水分補給に欠かせない大きなウォータージャグをこまめにチェックし、ドリンクをつくります。

仕事6 塩分補給の飴配り

部員に塩分補給の飴配りをする検見川高校野球部マネージャー

冬トレ恒例のランニングメニュー時には、塩分飴を持ってスタンバイ!「飴ちょうだい!」と言われたらすぐに渡します。


今回取材した検見川高校は…

検見川高校野球部の皆さん

●監督/酒井光雄
●部長/尾形暸平
●部員数/2年生36人、1年生27人(マネージャー含む)
●主な戦績/[2015年夏]千葉県大会3回戦、[2015年秋]千葉県大会ベスト16、[2016年夏]千葉県大会3回戦、[2016年秋]千葉県大会ベスト8

取材・文=大槻美佳 写真=花田裕次郎