トレーニング

【名パフォーマンスコーチ阿部勝彦のトレーニング法】(第3回)「スクワットの習得」

2017.1.6

MLBの選手や、現役のプロ野球選手に対し、トレーニングの指導を行っている阿部勝彦氏。なかなかボールを使った練習ができないオフシーズン。しかし、ボールが使えない時だからこそ、己の肉体と向き合う絶好の機会である。阿部氏が今回教えてくれるのは「スクワット」。間違った姿勢で行っている高校球児も多いので、ぜひ参考にしてほしい。


基本のスクワットを学ぼう

つま先と膝は同じ方向を向き、足の開きは肩幅からやや広い程度にします。この状態から股関節を真下に落とし、真上に上げる。これが基本のスクワットです。

膝を内側に曲げないよう、バンドを使って固定してみよう

股関節を落とす際に膝を内側に曲げてしまいがちですが、それでは十分な効果は得られません。股関節を地面に押す感覚を身につけるため、膝をバンドで固定し、スクワットをしてみましょう。

股間節を落とした状態を維持してみよう

股関節を落とした状態を維持(ホールド)する動作を身につけるにはケトルベルを使用すると良いです。ケトルベルを胸の前でホールドし、股関節を落とし20〜30秒間キープしてみましょう。

▼スクワット ケトルベル
 
▼スクワット ミニバンド


■阿部勝彦

元EXOSパフォーマンストレーナー。2005年シアトルマリナーズ(マイナー)のストレングス&コンディショニングコーチを担当。08年〜09年東京ヤクルトスワローズ一軍コンディショニングコーチ担当。現在はアメリカを中心に数多くのトップアスリートや野球選手を担当する世界的トレーナー

取材協力:FLUX CONDITIONINGS 
監修:阿部勝彦、Perform Better Japan(https://www.performbetter.jp