学校・チーム

【大学軟式日本代表】日本人学校訪問、野球教室

2016.12.9

本日の合同練習は午前中で終了し、午後からは現地日本人学校で野球教室を実施し、生徒たちと一緒に楽しい時間を過ごし、軟式野球の普及に努めた。


12月8日

昨日は午前中は降んだり止んだりの天候で練習は2時間で終了。午後からは選手全員でグアム日本人学校へ野球教室に行ってまいりました。 以下に選手一部の皆さんの感想をご紹介いたします。(原文にて紹介)

・私はピッチングをさせていただき、子供たちが少しでも野球を好きになってくれたらとても嬉しいです。野球をしている子供たちがキラキラした目で野球をしていたのがとても思い出になりました。【斎藤雅貴】

・毎日厳しい練習が続く中、生徒達の笑顔でとても癒されました。私は教員を目指しているので、今回の経験を活かして頑張りたいと思います。【大城裕樹】

・自分たちが野球を教える立場でしたが、逆に自分たちが野球を始めたころの気持ちというものを思い出せ、たくさんのことを勉強することができました。子供たちに恥じないプレーをできるようにこれからも頑張っていきたいと思いました。【今井拳也】

・小学校の教員を目指す者として、野球を通して子供と関わり、日本人学校の現状を知ることが出来ました。(中略)。今回の大会に参加しなければ経験できなかったことと考えると大会参加の意味の大きさを味わうことができました。【田口翔基】

・子供たちが無邪気に野球を楽しんでいる姿を見て、改めて野球というスポーツの魅力を再認識できたと共に、初心に帰ることができました。【浦田駿】

・女の子でも選手になりたい子ややっていた子がいて嬉しかったし、頑張ってほしいと思いました。【若林芽衣子】

週末たくさんの子どもたちが応援に来てくれると良いですね!

(取材・文:相原雅也)