学校・チーム

【野球女子ワイワイ座談会】こんな球児クンに憧れます♪(石岡第一高校)

2016.12.7

今回は茨城県の石岡第一高校のキラキラ笑顔が眩しい5人の女子マネージャーにインタビューしてきました。川井監督も「よく頑張ってくれています」という、とにかく働き者の彼女たち。部員たちのどんな言葉やしぐさにマネージャー陣は胸キュンするのでしょうか。


今回の学校は石岡第一高校[ いしおかだいいちこうこう/茨城県 ]

マネージャーをやっていて、いつやりがいを感じる?

齊藤芽瑠さん(2年生・以下、齊藤) 「ありがとう」って言われたときです。先輩から引き継いだ仕事じゃなくて、自分で始めた仕事に対して、部員から「ありがとう」って言ってもらえたり、選手が反応してくれたときは、嬉しくて、やっていて楽しい!! 新しい仕事を探すのがやりがいです。

小松崎聖菜さん(2年生・以下、小松崎) 3年生がいなくなって、先輩たちがやってきたことをやれるようになり、仕事の幅が増えたことが嬉しいです。あと補食を齋藤さんと交互で配っているんですが、「ありがとう」って言ってくれる部員と何も言わない部員がいるんです(笑)。だから、「ありがとう」って言われると嬉しいです!
田村彩花さん(1年生・以下、田村) 補食後に「美味しかった、ありがとう」って言われたらマネージャーをやっていて良かったなぁって。それ以外では、まったく書けなかったスコアが先輩たちに助けてもらいながら、少しずつ一人で書けるようになったのでやってきてよかったなと感じます。
小松崎 あ、もう一つあった! 新チームになって初めての公式戦で、ホームランを打った部員がいたんです。ベンチに帰ってくるときに、他の部員はみんなハイタッチをしていたんですけど、私はスコアを書いてるからそれができなくて……。でもイニングが終わったときに、その部員が近くにきてハイタッチしてくれたときは嬉しかったなぁ〜。
原未咲さん(1年生・以下、原) 私は、先輩たちを見本に毎日たくさんの仕事ができていることと……
齊藤・小松崎 本当に〜!?(笑)。
原 本当です!(笑)。あと、部員のために仕事ができることが楽しいです。
鈴木春香さん(1年生・鈴木) 私は、名前を呼ばれただけでも嬉しいです(笑)。買い出しに行ったものを食べてくれたり、今やっていること全部が、最終的に部員のためになっているのかなって思うとそれがとても嬉しいです。
齊藤 楽しいなって思うことはたくさんあるけど、補食のときに「ありがとう」って言われるのは嬉しいよね。でも、たまに手間をかけていつもと違うもの出したのに、人気がないと悲しくなる(笑)。
小松崎 カレーを作ったとき、めっちゃ余ったよね。「カレーはいらない!」って言われた(笑)。
齊藤 せっかく作ったんだから食べてよ!って思った(笑)。

高校球児のココがカッコイイ!と思うところは?

小松崎 プリケツ(プリッとしたお尻)!プリケツが素敵(笑)。
田村 ピンチの場面で、1年生なのに長打やホームランを打ったりすると「カッコイイな」って思います。
齊藤 私は、ヒットを打ったり、難しいボールを捕球したあとの「シャー!!」みたいなガッツポーズ。あれ、カワイイ(笑)。
小松崎 カワイイなの!?(笑)。
鈴木 私は普段とは違う一面、ギャップをみかけたときかな。教室ではふざけていたり、「今日は練習あるの?」ってマネージャーに聞いてきて、練習をすることが嫌そうな態度をとっていても、いざ練習が始まるとすごく一生懸命やっていたり、試合で活躍するところを見るといいなって思っちゃいます。
 私は、笑顔が好きです(笑)。
一同 え!? それだけ(笑)。
 はい、それだけで十分素敵です!


今回取材した石岡第一高校は・・・

●監督/川井政平
●部長/屋代和成
●部員数/2年生22人、1年生28人
●主な戦績/[2016年秋]茨城県大会2回戦、[2016年夏]茨城県大会 2回戦、[2016年春]茨城県大会準優勝、関東大会出場2回戦

取材・文=大槻美佳 写真=小沢朋範